ISO取得による経営上のメリット・デメリット

ISO取得による経営上のメリット・デメリット
ISO 取得には、メリットとデメリットがある。それを、しっかり自覚して、取り組む事が重要だ!
1.メリット
1)対外的なメリット(会社の外に対して)

・ 会社の信用力・ステイタスのステージアップ
・ 新規取引で極めて有効
・ 現取引先最大手のキヤノンへの企業姿勢の強力なアッピール
・ C社以外の現顧客へのアッピール効果
・ 一般顧客への信頼性の増大
・ 従業員の新規採用に際して、企業の優位性の評価に大きく役立つ
・ 同業者への無言のアッピール、差別化が実現
・ 公的機関への入札参加の有力な要件となる
まとめて言うと、会社の「ステイタス」がアッピールできて、「信用」が確実に
向上する。
2)社内的なメリット、(社内への影響)

・ 経営管理のレベルが飛躍的に向上
  <内部監査・マネジメントレッビュー、顧客満足の把握・クレーム減少>
・ 業務の標準化が促進<マニュアル、手順>
・ 責任権限の一層の明確化
・ 是正・予防処置により、継続的改善が実行される
・ 従業員の意識改革が具体化
・ 従業員の教育が年間計画化されスキルアップが明確になる。
・ 第三者機関の定例評価<維持審査>で、業務の評価が得られる
・ その他<事故・トラブルの減少>・・
・ 協力企業への指導指針がはっきりする、
・ 社内コミニュケーションが向上する

この社内への影響がISOの真の狙い。対外的に信用が上がって、その中身がここに掲げたメリットだ。
いま、ISOを取る企業の殆どがこのような効果を期待して取り組む。

2.デメリット
・ システムの維持運用費用、書類作成の手間、維持審査の受審の手間
・ 現場での記録の作成の手間が増える
・ ルールの全社への定着に多少の時間がかかる
・ 規格の(数年で)改訂が起こるので、「都度対応する手間」の必要あり
・ 内部監査やマネージメントレビューなどを義務ずけられ
  必ず実行しなくてはいけない。
デメリットはこれだけ?と思う人が多いと思う。しかし、デメリットを上回るメリットが多いから、全世界で100万社が取り組んでいるのだ。
この文章は、P 社にISO の導入を促す際に説明した、実際資料である。
その後、このP 社は15ケ月後見事認証を果たし、ここに書いた以上の多大な成果を出し、大幅な収益アップを実現した。
(詳しくはH.P の「運送業の劇的成果」をご覧下さい。)
ISO 原人
今なら、ISO 取得費が助成金の活用で、100%賄える!
期間限定、関東地区企業優先


ISO取得による経営上のメリット・デメリット

南陽経営開発株式会社
合同会社リオ
〒336-0026
埼玉県さいたま市南区辻8-21-15
電話:048-836-1488
FAX:048-864-9766
メール:info@isojapannet.com