今まで数ある改善手法の中で、パソコンのマイクロソフトの「ウィンドウズ」のように世界標準になっています。
全世界100万組織が取得、日本は10万社が取っている。現在の取得の企業規模は50人以下になっている。そして、製造業から取得が始まり、現在はサービス業、小売業と拡大、ほぼ全業種に及んでいる。

ISOの優れた点は、第三者認証審査と定期審査が毎年義務付けられているところである。
企業にとって、第三者が定期的に業務の監査に来ることは、税務署以外にはない。否、税務署は毎年来ないので唯一の外部による監査となる。
この制度こそISOの信頼を担保している制度と言える。
大企業が不祥事を起こすと必ず「第三者委員会」なるものを作る事に符合する。

7~8年で規格は大幅改定され、3~4年でマイナーチエンジが行われる。
ISO規格の認証企業の業種がどんどん広がるにつれ、また、取得企業規模が小さくなるにつれ、それに対応するように規格を改定・進化させるのがISOの特徴。
  

南陽経営開発株式会社
合同会社リオ
〒336-0026
埼玉県さいたま市南区辻8-21-15
電話:048-836-1488
FAX:048-864-9766
メール:info@isojapannet.com

 四角形  四角形  四角形  四角形  四角形  四角形